パーフェクトブルー 原作 7話

  • 2012/11/19(月) 07:10:09

パーフェクトブルーの原作本は、
宮部みゆきの「パーフェクトブルー」です。



あらすじ 11月19日放送分(第7話)
児童相談所相談員・靖子(田島令子)が事務所を訪れ、
夏美(いせゆみこ)という女性の死の真相の調査を依頼します。
夏美はバイクの前に飛び出し事故死、
数時間後に会社員・中山(鶴見辰吾)が自首してきたといいます。
自殺の可能性が高いが、
保護されている娘と再び暮らす為努力していた夏美を知る靖子には信じられません。
やがて加代子(瀧本美織)達の調査で、
中山の息子が普段から事故を起こしたバイクに乗っていたと判明します。
(YAHOOテレビGUIDEより)

高校野球界のスーパースターが全身にガソリンをかけられ、
焼き殺されるというショキングな事件が起こりました。
俺と元警察犬のマサは、
現在の飼い主、蓮見探偵事務所の調査員「加代子」と共に、
落ちこぼれの少年「諸岡進也」を探し当て自宅に連れ帰る途中、
その現場に遭遇してしまいます。
犬の一人称という斬新なスタイルで、
社会的なテーマを描く、
爽快な読後感の宮部みゆき長編デビュー作です。
「BOOK」データベースより


借金問題解決のポイント QLOOKアクセス解析